次世代ホログラムの技術や製品の開発

カテゴリー:未来の技術をうみだす
タイトル:光をあやつるホログラムで偽造をなくし、人々の生活を守る
リード:光の下で絵が立体にうきあがって見えるホログラム。不思議でキレイなだけでなく、お札やクレジットカードの偽造防止にも役立っています。ゲームやアトラクションでも使えるような、新しいしかけを開発しています。
仕事内容:夢のある「ホログラム製品」 の開発に取り組む 
お名前:高野倉 知枝(タカノクラ トモエ) さん
会社名 大日本印刷株式会社

なんでこの仕事があるの?

なんでこの仕事があるの?

いま、私たちの身近にあるホログラムは、おもに3D表示といわれるもので、お札やクレジットカードに付いているキラキラしたシールや、ディズニーランドのおみやげなどにある、立体物がそこにあるかのように見える3Dシールなどです。

どんなところが楽しい?

どんなところが楽しい?

独創的なホログラムを作れる会社は世界にも数えるほどしかありません。他の人がまねのできない技術なのです。もちろんコピーすることもできません。ホログラムラベルが付いていれば、「本物だ」という目印になるわけです。

どうしてこの道に?

どうしてこの道に?

それが大きな転機でした。それまで勉強してきたことと全く関係がない、ホログラムの研究部門に配属されて、未知の世界である光の研究をすることになったのです。

どんな仕事?

どんな仕事?

ホログラフィは3D表示のシールだけでなく、これら以外にも、もっと幅広い利用方法が期待されています。たとえば、メガネをかけることで映像を見ることが出来るヘッドマウントディスプレイや、・・・

プロフィール

本人写真
高野倉 知枝(タカノクラ トモエ)さん

大日本印刷株式会社 研究開発センター オプティカルデバイス研究所

1982年生まれ。趣味は絵画を観たり、描(か)いたりすること。休みの日はウインドウショッピングやおいしいものの食べ歩き。お笑いや観劇も好きです。

本サイトは経済産業省の委託により、「キャリア教育と理系の魅力」の情報発信のために、学校法人河合塾が作成しました。
Copyright©2009 Ministry of Economy, Trade and Industry.All Rights Reserved.
河合塾