国を治め民を生活苦から救う学問、経済学

黒坂 佳央   武蔵大学 経済学部 金融学科
マクロ経済学 /研究領域:景気変動の原因と安定化政策、為替レート決定のメカニズム、労働市場とマクロパフォーマンスの関係 ]

私が教え、研究している学問は「経済学」です。しかし、「経済」という言葉を聞いてピンとくる中学や高校の生徒の皆さんがどれぐらいいるでしょうか。「経済」という言葉は英語のeconomyという単語の訳語ですが、英語のeconomyのそもそもの意味は「節約」ということです。

皆さんは毎月ご両親からおこづかいをもらっていると思います。大切なおこづかいをどう使おうかと考えをめぐらすことはとても楽しい。しかし同時に、欲しいモノや遊びたいことがたくさんあるときにはどれにしようかと悩み、頭痛の種にもなります。このようにおこづかいを使ってどんなモノを買うか、どんな遊びをするか(=目的)を決めなければならない場合、皆さんは限られたお小遣い(=制約)の下で最大の満足(=目的)をもたらすモノや遊び(=手段)を選ぶという経済問題に直面しています。「目的の実現に対して最適な手段を選択すること」が、節約ということになります。

また、経済という言葉を国語辞典で引くと、「経国済民の略語、つまり国を統治し人民の生活上の苦しみを救うこと」とあります。「経」は治める、「済」はたすけるという意味ですから、国を治め民をたすけることが「経済」ということになります。political economy という単語があります(政治経済学と訳されています)。politicalという単語はギリシャ語のポリスという言葉に語源を持っています。ギリシャ語のポリスはアテネやスパルタのような都市国家を指します。したがって、political economy、「都市国家における節約」は、「国を統治し人民の生活上の苦しみを救うこと」という経国済民にぴったり当てはまります。

3月11日午後2時46分東北・三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、国内観測史上最大の地震が起きました。この東日本大震災によって壊滅的な被害を被(こうむ)った地域の復興をいかに達成するかは、「国を統治し人民の生活上の苦しみを救う」経済学に課せられた問題にほかなりません。復興の担(にな)い手となる皆さんにとって、経済学はやりがいのある学問だと確信しています。

先生への感想・質問がある場合はこちら
※◎を@に変更してメールをお送りください。
kurosaka◎cc.musashi.ac.jp

本人写真

くろさか・よしおう/1949年奈良県生まれ。
勉強する本当の意味は何かを知りたくて大学に入学し、その意味を教えてくれたゼミの指導教授の導きで、大学院への進学を決意したのが、研究者への道を歩むことになったきっかけ。趣味はロックを含めた幅広いジャンルの音楽LP・CDを聞くことと収集、エルビス・プレスリーのコンサートを留学中に見たことが一生の思い出。

被災された生徒・先生方へ

「今はガレキに埋もれているが、小さくても新しい住まいを築き、かすかでも新たな希望を持ち始める時なのだ。将来へつながる平坦な道など一本もない。天が落ちてくるような状況に何度めぐりあおうとも、生き抜かなければならないのだ」英国の作家D.H.ロレンスの言葉です。

本サイトは、経済産業省のキャリア教育事業の一環で作成した「わくわくキャッチ!」の独自コーナーとして、河合塾が作成し、運営しています。
Copyright(c)2011 Wakuwaku-catch.All Rights Reserved.
河合塾河合塾