私はあきらめなかった~世界初の銀河系3次元地図を作る

面高 俊宏   鹿児島大学 理学部 物理科学科
天文学 /研究領域:電波天文学、光赤外線天文学 ]

ミルクを流した淡い白い帯のように、南から北に天を貫く巨大な円弧を描く天の川。我々の住む棒渦巻き銀河を、銀河の端のほうにある地球から眺めた姿である。

天の川銀河についてはガリレオ以来多くの観測がなされたが詳しい構造は良くわかっていない。私たちの銀河系は星とガスが渦巻き状に集まった円盤部分と、その円盤を取り巻くほぼ球上のハロー部、円盤部では星達が銀河中心の周りを回転運動しており、銀河系に大量の未知の暗黒物質・ダークマターが存在していることがおおまかにわかっているだけだ。その原因は銀河系の天体があまりにも遠く、距離や運動を正確に測る観測技術がなかったからである。

VERA計画は直接星までの距離を測量し、世界で初めて我々の銀河系の3次元地図を作るというチャレンジングな計画だ。では1秒間に地球を7周半する光のスピードでも数千年、数万年もかかるような遠い距離にある星までの距離をどのようにして測るのだろうか?答えは江戸時代に伊能忠敬が日本地図を作った「三角測量法」という方法である。地球は太陽の周りを1年かけて公転する。地球の公転で例えば春と秋の位置を底辺とし、星と成す三角形の頂角を正確に測ることができれば、地球と太陽の距離はわかってるので、星までの距離が正確に決まる、これが三角測量法だ。

私達は国立天文台と協力してこのVERA計画実現に奔走した。11年前のことだ。国立天文台の次期大型計画が待っており文部省に要求できるラストチャンスの年だった。しかし文部省からは何も反応がない。皆もう駄目だとあきらめた、が私はあきらめなかった。一つのアイデアを思いつき最後の賭(か)けに出た。これがうまくいき、とうとうVERA計画は実現したのである。奇跡だ。計画は進み、毎年100個以上の星までの距離が求められ、結果が学会誌に掲載され、VERA特集号も2冊出版され注目されている。皆さんも何事にもあきらめずに自分の夢を実現してほしい。

先生への感想・質問がある場合はこちら
※◎を@に変更してメールをお送りください。
omodaka◎sci.kagoshima-u.ac.jp

本人写真

おもだか・としひろ/1947年鹿児島県生まれ。
鹿児島にある直径20mのVERA望遠鏡、6m電波望遠鏡、1m光赤外線望遠鏡を用いてVERA計画の推進、天の川銀河の研究、星の誕生や年老いた星の進化や超新星など突発天体の研究を進めています。学生時代から人のものまねではなく、未だ誰もやっていないことをやろうと努めてきました。

被災された生徒・先生方へ

私は64歳、この長い人生を振り返ると、幾度となく危機に遭遇(そうぐう)し、くじけそうになったことだろう。しかし失敗は早めに総括し、2度と失敗しないよう教訓として生かし、分析後はすぐに忘れるよう努めてきた。前向きに生きるんだと。被災地の皆さん、この人生最大の危機を乗り越え、大きな人間に成長してください。

本サイトは、経済産業省のキャリア教育事業の一環で作成した「わくわくキャッチ!」の独自コーナーとして、河合塾が作成し、運営しています。
Copyright(c)2011 Wakuwaku-catch.All Rights Reserved.
河合塾河合塾